本文へスキップ

水中音響技術で世界をリードする研究開発型集団です

トップ > 研究・開発 > 発表履歴

発表履歴HISTORY

2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年
2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年


2013年

  1. 新家富雄、”環境影響評価における海中騒音の現状と課題”,海洋理工学会秋季大会講演論文集,pp27-30(2013)

  2. 新家富雄、松島岑生、鈴木宏昌、”海洋測器へのカーボンファイバーの可能性” 配管技術, Vol. 55, No.9, pp70-73(2013)

  3. 新家富雄,”海中雑音と海洋環境”, 海洋音響学会誌, Vol.40, No. 3, pp193-196(2013)

  4. 中川正博・市川光太郎・新家富雄・荒井修亮,"超音波バイオテレメトリーのための周波数変調方式を用いた超音波発信機の開発 と評価" 平成25年度日本水産学会春季大会予稿集(2013)

  5. Masahiro Nakagawa, Kotaro Ichikawa, Toyoki Sasakura, Hiromichi Mitamrua, and Nobuaki Arai.," Development and evaluation of ultrasonic transmitter using frequency modulation for biotelemetry" abstracts of SEASTAR2000, (2013)

2012年

  1. 宮城亜紀, “水産生物を対象とした超音波バイオテレメトリーにおける受信距離の変化要因に関する研究”, 東京海洋大学, (2012)

  2. 鴨志田隆,”ADCPデータの品質管理処理”,海洋理工学会講演論文集,pp39-40(2012)

  3. 新家富雄,笹倉豊喜,三谷曜子,”極域水棲生物用水中音録音装置の開発”,海洋理工学会講演論文集,pp57-58(2012)

  4. 新家富雄,笹倉豊喜,三谷曜子,”極域用長期間水中録音装置の開発”,海洋音響学会研究発表会講演要旨集, pp. 65-66(2012)

  5. Ichikawa. K, Akamatsu. T, Shinke. T, Arai. N, and Kanjana Adulyanukoso,(2012), Clumped distribution of vocalising dugongs (Dugon dugon) monitored by passive acoustic and visual observations in Thai waters, Proceedings of Acoustics 2012 - Fremantle, 1-4

  6. 新家富雄監修、三好章雄訳 ”-改訂版- 水中音響学” 京都通信社(2012)


2011年

  1. 宮城亜紀, 甘糟和男, 安部幸樹, 今泉智人, 宮本佳則, 柿原利治 ”魚類の腹腔内に挿入したピンガの送波音圧の変化”, 日本水産学会誌, Vol. 77, No. 5, pp791-798(2011)

  2. 宮城亜紀, 甘糟和男, 安部幸樹, 今泉智人, 宮本佳則, 柿原利治, “魚体の腹腔内に超音波発信器を挿入した場合のソースレベル変化”, 日本水産学会春季大会講演要旨集, pp214(2011)

  3. 甘糟和男, 三島由夏, 宮城亜紀, 向井徹, 澤田浩一, 笹倉豊喜, “積層圧電素子を使用した広帯域送受波器による測定実験”, 日本水産学会秋季大会講演要旨集, pp10(2011)

  4. 新家富雄, 鴨志田隆,市川光太郎,三田村啓理,荒井修亮,"魚類用高精度音響測位システムの開発,"電子情報通信学会技報, US2011-43(2011).

  5. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Kotoe Sasamori, Yukio Miyauchi, Yuki Abe, Kanjana Adulyanukosol and Nobuaki Arai, "Callback response of dugongs to conspecific chirp playbacks " 129, 6, pp. 3623-3629,J. Acost. Soc. Am. (2011)

  6. Boyd, I, Frisk, G., Urban, E., Tyack, P., Ausube, J., Seeyave, S., Cato, D., Southal, B., Weise, M., Andrew, R., Akamatsu, T., Dekeling, R., Erbe, C., Farmer, D., Gentry, R., Gross, T., Hawkins, A., Li, F., Metcalf, C., Miller, J.H., Moretti, D., Rodrigo, C., and Shinke, T., " An international quiet ocean project", Oceanography 24, pp.174-181(2011)

  7. Kotaro Ichikawa, Hiromichi Mitamura, Tomio Shinke, Yoshiaki Shida, Harutaka Watanabe, Takashi Yokota, Jun Shoji, and Nobuaki Arai, " Development of a fine-scale acoustic positioning and telemetry system"Abstracts of 1st International Conference on Fish Telemetery(2011)

  8. Hiromichi Mitamura, Kotaro Ichikawa, Yoshiaki Shida, Harutaka Watanabe, Takashi Yokota, Jun Shoji, Tomio Shinke, and Nobuaki Arai, " A brand-new acoustic positioning telemetry system monitors movements of a site-specific fish, the black rockfish Sebastes inermis "Abstracts of 1st International Conference on Fish Telemetery(2011)

  9. 鴨志田隆,新家富雄,仁木将人,千賀康弘,"フェリー搭載ADCPによる駿河湾海流データセットの作成"海洋理工学会春季大会講演論文集,pp.109-110 (2011)

  10. 新家富雄,"海洋音響トモグラフィによる広域物理センシング"海洋理工学会春季大会講演論文集,pp.25-30(2011)

  11. 市川,赤松,荒井,溝端,新家,Kanjana,"水中音響情報を用いたジュゴンの行動生態研究1〜ジュゴンの母仔は特定海域に集まる、そして鳴かない,"日本水産学会春季大会講演要旨集(2011)

  12. 三田村,市川,至田,渡邊,横田,小路,新家,荒井,"バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究4〜新技術開発とアカメバルの移動モニタリング,"日本水産学会春季大会講演要旨集(2011)

  13. 市川,三田村,渡邊,横田,荒井,至田,新家,小路,"バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究3〜高精度音響測位システムの開発,"日本水産学会春季大会講演要旨集(2011)

  14. 荒井,三田村,奥山,木村,野田,溝端,Zagars,市川,安田,横田,河端,新家,"バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究1〜バイオテレメトリー研究の成果総括と展望,"日本水産学会春季大会講演要旨集(2011)


2010年

  1. 宮城亜紀, 甘糟和男, 安部幸樹, 今泉智人, 宮本佳則, 柿原利治, “超音波バイオテレメトリーの高精度化に関する研究〜魚体内から放射した超音波の測定〜”, 海洋音響学会研究発表会講演論文集, pp69-72(2010)

  2. Aki Miyagi, Kazuo Amakasu, Koki Abe, Tomohito lmaizumi, Yoshinori Miyamoto, and Toshiharu Kakihara, “Change of the pinger source level due to implanted fish”, Abstracts of Asian Fisheries Acoustics Society, pp38(2010)

  3. 加藤安伸,斎藤繁美,新家富雄”超音波によるマイクロバブル計数の実験”,海洋音響学会研究発表会講演要旨集, pp. 61-62(2010)

  4. 新家富雄,江本博俊,今津安成,清水浩, "ジュゴン用ステレオ式水中録音装置の開発," Vol. 37, p117-121,海洋音響学会誌(2010)

  5. Kotaro Ichikawa, Naoko Okumura, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai and Kanjana Adulyanukosol, "Variance in acoustic characteristics of Dugong calls : Potential cues for age determination " p39-42, abstracts of SEASTAR2000, (2010)

  6. 新家富雄, "海の動物はかしましい," 海洋研究開発機構地球情報館公開セミナー, 109, (2010)

  7. 新家富雄,鴨志田隆,笠充彦,市川光太郎,荒井修亮, "海棲哺乳類の鳴音を見る〜低周波鳴音データの解析と公開システムの開発〜,"勇魚会(2010)

  8. 新家富雄, "ジュゴン調査用ステレオ式水中録音装の開発," Vol. 22, No.2,23-27,超音波テクノ(2010)

  9. 鴨志田隆,島田浩二,"AMSR-Eを用いた北極海における通年の海氷漂流速度データセットの作成,"p63, 日本海洋学会春季大会講演要旨集(2010)


2009年

  1. 宮城亜紀, 新蔵卓実, 金澤誠, 宮本佳則, 内田圭一, 柿原利治, “バイオテレメトリ用追跡型超音波受信機の基本性能検証”, 日本水産学会春季大会講演要旨集, pp213(2009)

  2. 宮城亜紀, 宮本佳則, 内田圭一, 甘糟和男, 柿原利治, 金澤誠, “超音波バイオテレメトリーにおける水中雑音に関する研究”, 海洋音響学会研究発表会講演論文集, pp79-82(2009)

  3. 金澤誠, 内田圭一, 宮本佳則, 宮城亜紀, 柿原利治, “底生魚を対象とした漁船によるバイオテレメトリーの試み”, 日本水産工学会学術講演会講演論文集, pp199-200(2009)

  4. Aki Miyagi, Makoto Kanazawa, Yoshinori Miyamoto, Kazuo Amakasu, Keiichi Uchida, and Toshiharu Kakihara, “Attempt of biotelemetry by fishing boat intended for demersal fish”, Abstracts of Asian Fisheries Acoustics Society, pp42(2009)

  5. 新家富雄,江本博俊,今津安成,服部真人, "海棲哺乳類の鳴音を取る〜低周波(可聴域)鳴音用の受動的音響機器データの開発〜," 勇魚会(2009)

  6. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke and Kanjana Adulyanukosol, "Spatial distribution of Dugongs by acoustic and visual observation in Thailand " p39-42, Proceedings of SEASTAR2000, (2009)

  7. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Kotoe Sasamori, Yukio Miyauchi, Yuki Abe, Kanjana Adulyanukosol and Nobuaki Arai, "Detection probability of vocalizing dugongs during playback of conspecific calls " 126, 4, pp. 1954-1959, J. Acost. Soc. Am. (2009)

  8. 市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,Kanjana Adulyanukosol, "タイ国でのジュゴン音響観察," 海洋理工学会誌, 15, 63-66 (2009)

  9. 新家富雄,江本博俊,今津安成,清水浩,服部真人, "ジュゴンの調査に用いる受動的音響機器の開発," 海洋理工学会誌, 15, 47-54 (2009)

  10. 赤松友成,新家富雄,笹森琴絵,宮内幸雄,阿部由紀, Kanjana Adulyanukosol,荒井修亮,市川光太郎, "受動的音響探査によるジュゴンの発見確率の推定," 海洋理工学会誌, 15, 35-46 (2009).

  11. 新家富雄, "ジュゴン調査用ステレオ式水中録音装置の開発," 海洋音響学会 2009年度第1回談話会要旨,Vol. 37, p117-121,海洋音響学会誌(2009).

  12. 新家富雄,"企業が博士号取得者に期待すること〜私見〜,"日本地球惑星科学連合2009年大会ユニオンセッション「地球惑星科学分野における大学院教育とキャリア形成」


2008年

  1. 宮城亜紀, 宮本佳則, 今泉智人, 内田圭一, 金澤誠, “超音波バイオテレメトリーシステムへの水中雑音の影響に関する基礎的研究”, 日本水産工学会学術講演会講演論文集, pp5-6(2008)

  2. Aki Miyagi, Yoshinori Miyamoto, Tomohito Imaizumi, Keiichi Uchida, and Toshiharu Kakihara, “Receiving distance of the stationary ultrasonic biotelemetry receiver in the temperate ocean”, Oceans ’08 MTS/IEEE Kobe-Techno-Ocean (2008)

  3. Aki Miyagi, Yoshinori Miyamoto, Tomohito lmaizumi, Keiichi Uchida, Makoto Kanazawa, and Toshiharu Kakihara, “Fundamental research on influence of underwater noise for the ultrasonic biotelemetry”, Abstracts of WFC 2008 5th World Fisheries Congress, pp103(2008)

  4. 鴨志田隆,島田浩二,"AMSR-Eを用いた高精度北極海海氷運動データセットの構築"第20回海洋調査技術学会研究発表会(2008)

  5. 市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"タイ国でのジュゴン音響観察と展望"海洋理工学会秋季講演論文集,pp.35-36(2008)

  6. 新家富雄,江本博俊,今津安成,清水浩,服部真人,"ジュゴン調査に用いる受動的音響機器の開発"海洋理工学会秋季講演論文集, pp.29-34(2008)

  7. 赤松友成,新家富雄,笹森琴絵,宮内幸雄,阿部由紀,Kanjana Adulyanukosol,荒井修亮,市川光太郎,"受動的音響探査によるジュゴンの発見確率の推定摂餌"海洋理工学会秋季講演論文集 , pp.27-28(2008)

  8. 加藤安伸,斎藤繁美,新家富雄,"超音波によるマイクロバブル濃度の測定"日本音響学会秋季大会講演論文集, pp.1375-1376 (2008)

  9. 市川光太郎,赤松友成,新家富雄,荒井修亮,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"受動的音響観察によるジュゴンの音響検出確率"海洋理工学会春季講演論文集 (2008)

  10. 白木里香,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"タリボン島周辺海域におけるジュゴンの行動解明〜テッポウエビ雑音除去による鳴音検出アルゴリズム〜"日本水産学会大会講演要旨集

  11. 市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"タリボン島周辺海域におけるジュゴンの行動解明〜ジュゴンの鳴音音響特性と個体間距離〜,"日本水産学会大会講演要旨集


2007年

  1. Aki Miyagi, Yoshinori Miyamoto, Tomohito Imaizumi, Keiichi Uchida, Toshiharu Kakihara, and Ryo Yamaguchi, “Receiving range of the stationary ultrasonic biotelemetry receiver in the temperate and tropical ocean”, Abstracts of 1st Asian Fisheries Acoustics Society(2007)

  2. 新家富雄監修、三好章雄訳 ”水中音響学”(2007) 

  3. Amamoto, N., Ichikawa, K., Arai, N., Akamatsu, T., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. "Study on characteristics of feeding ground utilization by Dugongs" Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007)

  4. Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. "Call-back behavior and inter-individual spacing of Dugongs (Dugon dugon) suggest ranging function in the context of vocal exchange" Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007)

  5. Shiraki, R., Ichikawa, K., Shinke T., Arai, N., Akamatsu, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. "Development of detection devise for Dugong calls" Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007)

  6. K. Ichikawa, T. Akamatsu, N. Arai, T. Shinke, T. Hara, and K.Adulyanukosol: "Evidence of spacing behavior and the propagation characteristics of dugong (Dugong dugon) calls suggest their ranging function and the acoustical scouting distance, The 17th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals (2007)

  7. 鴨志田隆,島田浩二,新家富雄, "船舶搭載ADCP の品質管理処理手法,"海洋調査技術学会研究成果発表会(2007).

  8. 鴨志田隆,猪上淳,島田浩二,"夏季北極海カナダ海盆における海氷後退の推定,"日本海洋学会秋季大会講演論文集(2007).

  9. 新家富雄, "鳴声で野生のジュゴンを探そう2 -調査手法の進化-, " 海洋音響学会誌,Vol. 34, No.4, pp274-283(2007).

  10. 市川光太郎,赤松友成,新家富雄,荒井修亮,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"ジュゴン(Dugong dugon)の鳴音特性と個体間情報伝達,"日本水産学会大会,ポスター発表 (2007).

  11. 天本奈々子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"タイ国タリボン島におけるジュゴンの摂餌に関する研究"海洋理工学会春季講演論文集, pp.99-100 (2007)

  12. 天本奈々子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol," バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 7 〜摂餌音を指標としたジュゴンの藻場利用状況〜"日本水産学会大会講演要旨集, 1027, p193 (2007)

  13. 奥村直子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol," バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 6〜ジュゴン鳴音の発声パターンと地域間比較〜"日本水産学会大会講演要旨集 , 1026, p193(2007)

  14. 坂本志磨子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 5〜ジュゴンの発声に対する船舶騒音の影響〜,"日本水産学会大会講演要旨集, 1025, p193 (2007)

  15. 中原史生,江本博俊, 東直人,内田詮三," 沖縄本島北部海域に来遊するコビレゴンドウの鳴音"日本水産学会大会講演要旨集, 1015, p190 (2007)

  16. Shimako SAKAMOTO, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Tomio SHINKE, Nobuaki ARAI, Takeshi HARA and Kanjana ADULYANUKOSOL,"Development of a method for monitoring ship navigations, p15, " SEASTAR2000, (2007)

  17. Naoko OKUMURA, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Nobuaki ARAI, Tomio SHINKE, Takeshi HARA and Kanjana ADULYANUKOSOL,"Pattern analyses on the vocal structure of calls and geographic variations among three areas," p14, SEASTAR2000, (2007)

  18. Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Tomio SHINKE, Nobuaki ARAI, Takeshi HARA and Kanjana ADULYANUKOSOL," Wild dugongs respond acoustically to their neighbors," p13, SEASTAR2000, (2007)


2006年

  1. 「海洋動物の音響観測」

  2. K. Shimada, T. Kamoshida, M. Itoh, S. Nishino, E. Carmack,F. McLaughlin,S. Zimmermann,A. Proshutinsky,"Pacific Ocean inflow : Influence on catastrophic reduction of sea ice cover in the Arctic Ocean,", Science and Technology, 23, Geophys. Res. Lett., 33

  3. K. Shimada, T. Kamoshida, M. Itoh, S. Nishino, E. Carmack,F. McLaughlin,S. Zimmermann,A. Proshutinsky,"Influence of Pacific Summer Water on the recent anomalous reduction of ice cover in the Arctic Ocean," AGU 2006 Ocean Science Meeting, February 2006, Honolulu, USA.

  4. 伊東素代,島田浩二,鴨志田隆,西野茂人,"北極海アラスカ沖沿岸ポリニヤにおける海氷形成の経年変動海洋循環変動によるカタストロフ的な海氷減少,"日本海洋学会春季大会講演論文集(2006).

  5. 島田浩二,鴨志田隆,伊東素代,西野茂人,Eddy Carmack,Fiona McLaughlin,Sarah Zimmermann,Andrey Proshutinsky,"北極海海洋循環変動によるカタストロフ的な海氷減少,"日本海洋学会春季大会講演論文集(2006).

  6. 鴨志田隆,島田浩二,伊東素代,西野茂人,"北極海海盆に流入する太平洋水の流路とその季節変動,"日本海洋学会春季大会講演論文集(2006).

  7. 小野英彦,東直人,宮原弘和,新家富雄,内田詮三,"飼育アメリカマナティーの授乳行動について",第32回海獣技術者研究会(2006)

  8. 新家富雄, "ステレオ聴音で広がる海生動物の行動調査,"勇魚, 第45号 (2006)

  9. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, and Kanjana Adulyanukosol" Wild dugong”s vocal responses to conspecific calls 4th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan (2006)

  10. Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. " Monitoring dugong feeding behavior in a tidal flat by visual and acoustic observation" Proceedings of the 6th SEASTAR 2000 Workshop, pp. .37-44.(2006)

  11. Sakamoto, S., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol, K. " Analysis on ship noise around dugongs'habitat" Proceedings of the 6th SEASTAR 2000 Workshop, pp. 33-36(2006)

  12. Okumura, N., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. " Pattern analyses on the vocal structure of dugong calls" Proceedings of the 6th SEASTAR 2000 Workshop, pp. 29-32(2006)

  13. Naoko Okumura, Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai,Tomio Shinke, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosol. "Stability of call sequence in Dugongs'vocalization” Proceedings of OCEANS'06 Asia Pacific IEEE -Singapore, Fugro Survey Pte Ltd., pp. 19(12-15) (2006)

  14. Chika Tsutsumi, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara and Kanjana Adulyanukosol,"Feeding behavior of wild dugongs monitored by a passive acoustical method", 120, 3, pp.1356-1360, J. Acost. Soc. Am.(2006)

  15. Kotaro Ichikawa, Chika Tsutsumi, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara, and Kanjana Adulyanukosol"Dugong (Dugong dugon) vocalization patterns recorded by automatic underwater sound monitoring systems" 119, 6, pp.3726-3733, J. Acost. Soc. Am. (2006)

  16. Naoko OKUMURA, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Nobuaki ARAI, Tomio SHINKE, Takeshi HARA, and Kanjana ADULYANUKOSOL ," Stability of Call Sequence in Dugongs' Vocalisation" Oceans'06 IEEE ASIA PACIFIC pp.121-122, (2006)

  17. 市川光太郎、赤松友成、新家富雄、荒井修亮、原武史、Kanjana Adulyanukosol,"ジュゴンの同種他個体鳴音に対する反応とアクティブスペースに関する研究,"海洋理工学会秋季講演論文集, pp.61-64 (2006).

  18. 新家富雄, "中周波鳴音によるジュゴンの探知," 海洋動物の音響観測 〜声を利用した海生生物の音響観測部会報告書, pp.65-85 (2006)

  19. 新家富雄,"中周波数鳴音によるジュゴンの探知,"2006年度第1回シンポジウム〜海の動物を声で見る〜 ―声を利用した海洋生物の音響観測部会報告、海洋音響学会(2006)

  20. 奥村直子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得3 〜鳴音発生パターンの分類と構造化〜"日本水産学会大会講演要旨集, 268, p39 (2006).

  21. 坂本志磨子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得2 〜船舶騒音に対する逃避行動〜,"日本水産学会大会講演要旨集, 267, p39 (2006).

  22. 堤千華,市川光太郎,赤松友成,荒井修亮,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得1 〜摂餌音を利用した摂餌行動解析〜,"日本水産学会大会講演要旨集, 266, p39 (2006).

  23. Naoko OKUMURA, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Nobuaki ARAI, Tomio SHINKE, Takeshi HARA, and Kanjana ADULYANUKOSOL,"Pattern analyses on the vocal structure of dugong calls," SEASTAR2000, (2006)

  24. Shimako SAKAMOTO, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Nobuaki ARAI, Tomio SHINKE, Takeshi HARA,, and Kanjana ADULYANUKOSOL,"Analyses on the noise of ships around dugong habitats," SEASTAR2000, (2006)

  25. Chika TSUTSUMI, Kotaro ICHIKAWA, Tomonari AKAMATSU, Nobuaki ARAI, Tomio SHINKE, Takeshi HARA, and Kanjana ADULYANUKOSOL," Monitoring feeding behavior of dugongs in a tidal flat by visual-acoustic combined observation method," SEASTAR2000, (2006)


2005年

  1. 島田浩二,鴨志田隆,伊東素代,西野茂人,Eddy Carmack,Fiona McLaughlin,Sarah Zimmermann,Andrey Proshutinsky,"北極気候のカタストロフ的変化,"第28回極域気水圏シンポジウム(2005).

  2. K. Ichikawa, C. Tsutsumi, T. Akamatsu, T. Shinke, N. Arai, T. Hara, and K.Adulyanukosol: "The function of dugongs”s chirp calls, revealed in a wild playback experiment, The 16th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals (2005)

  3. Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. "A visual-acoustic combined observation method to monitor seagrass bed utilization by dugongs (Dugong dugon) in a tidal flat" Proceedings of the 5th SEASTAR 2000 Workshop, pp. 69-71(2005)

  4. Ichikawa, K., Tsutsumi, C., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol,K " Acoustic detection of dugong using automatic underwater sound monitoring systems: AUSOMS-D" Proceedings of the 5th SEASTAR 2000 Workshop, pp. 64-68.(2005)

  5. 市川光太郎・堤千華・赤松友成・新家富雄・荒井修亮・原武史・Kanjana Adulyanukosol: "タイ国Libong島南部海域におけるジュゴンの周期的発声頻度変化と来遊個体数". 第1回日本バイオロギング研究会シンポジウム要旨集、p10(2005)

  6. T. Akamatsu, K. Ichikawa, C. Tsutsumi, Tomio Shinke, N. Arai, T. Hara, and K.Adulyanukosol: "A hydrophone array system to monitor the underwater phonating behavior of dugong," Abstracts of IX International Mammalogical Congress, p65 (2005)

  7. 堤千華,市川光太郎,赤松友成,荒井修亮,新家富雄,原 武史,Kanjana Adulyanukosol "干潟の海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動モニタリング," 海洋理工学会誌, 11, pp.77-80 (2005).

  8. 堤千華,市川光太郎,赤松友成, 荒井修亮, 新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"受動的音響観察によるジュゴンの生態情報の取得1 -ジュゴンの摂餌行動モニタリング-," 海洋理工学会秋季大会講演論文集, pp.75-76 (2005)

  9. 堤千華,市川光太郎,赤松友成, 荒井修亮, 新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"干潟の海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動モニタリング," 海洋理工学会春季大会講演論文集, pp.67-68 (2005)

  10. 堤千華,市川光太郎,赤松友成, 荒井修亮, 新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 9 -~干潟海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動-,"日本水産学会講演要旨集, 972, p196 (2005)

  11. 市川光太郎, 堤千華,赤松友成, 新家富雄, 荒井修亮, 原武史,Kanjana Adulyanukosol,"バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用8 -鳴音情報解析によるジュゴンの行動追跡-,"日本水産学会講演要旨集, 971, p196 (2005)


2004年

  1. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai,Chika Tsutsumi, Kanjana Adulyanukosol," Acoustical monitoring of dugong," OCEANS”04/TECHNO-OCEAN (2004)

  2. Chika Tsutsumi, Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, Takeshi Hara, and Kanjana Adulyanukosol ," A study plan of seagrass patch selection by dugongs(Dugongdugon) in a tidal flat," SEASTAR2000, (2004).

  3. Ichikawa, K., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol,K. "Acoustical analyses on the calls of dugong" Proceedings of the 4th SEASTAR2000 Workshop, pp. 72-76.

  4. Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai,Chika Tsutsumi, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosol," Acoustic detection of dugongs using automatic underwater sound monitoring systems for dugong: AUSOMS-D," SEASTAR2000, (2004)

  5. 新家富雄, "動物行動学と工学の壁は扉,"勇魚, pp.66-72 (2004)

  6. 新家富雄, "音響技術を用いた海洋観測の展望," 海洋環境と音響技術 〜海洋音響学会環境部会報告書〜, pp.40-46 (2004)

  7. 新家富雄, "鳴き声で野生のジュゴンを探そう, "京都大学公開講座ジュニアレクチャー(2004,10,16)

  8. 市川光太郎, 赤松友成,新家富雄,荒井修亮, 堤千華,原武史,Kanjana Adulyanukosol,"ジュゴンモニタリングネットワークの構築2 -ジュゴン鳴音発生源の追跡について-,"海洋理工学会秋季大会講演論文集, pp.55-56 (2004)

  9. 新家富雄, "鳴声で野生のジュゴンを探そう -タイでのジュゴン鳴音観測-, " 海洋音響学会誌, 31, pp.251-262 (2004).

  10. 新家富雄, 清水浩, 市川光太郎, 荒井修亮, 松田秋彦, 赤松友成, "ジュゴン探査装置の開発," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, pp.33-36 (2004).

  11. 新家富雄, 利根川辰光, 市川光太郎, 荒井修亮, 松田秋彦, 赤松友成, "ジュゴンモニタリングネットワークの構築 -ジュゴン探査装置の設置間隔の検討-,"海洋理工学会春季大会講演論文集, pp.22-23 (2004)

  12. 市川光太郎・荒井修亮,赤松友成,原武史,新家富雄,Kanjana Adulyanukosol,"バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用10 〜ジュゴン鳴音の音響学的解析を用いたモニタリングネットワークの構築〜,"日本水産学会春季大会,p79(2004).

  13. 新家富雄,清水浩,市川光太郎,荒井修亮,松田秋彦,赤松友成,"ジュゴンモニタリングネットワークの構築," ジュゴンの生物学と調査方法の研究集会(2004, 3, 26)

  14. 市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄, Kanjana Adulyanukosol,"ジュゴンの音響・定位手法," ジュゴンの生物学と調査方法の研究集会(2004, 3, 26).

  15. 鴨志田隆, 新家富雄,島田浩二"R/V「みらい」搭載ADCPデータの高精度化,"日本海洋学会春季大会講演要旨集, p96 (2004)

  16. 鴨志田隆, 島田浩二, 新家富雄, "R/V「みらい」搭載流向流速プロファイラデータの高精度化," 海洋科学技術センター試験研究報告, 49, pp.33-41 (2004)


2003年

  1. 市川光太郎,新家富雄,伊藤万祐子,荒井修亮,赤松友成,細谷誠一,原 武史,Kanjana Adulyanukosol "ジュゴンの位置を声で確認する - 水中音響工学の可能性 -," 海洋理工学会誌, , 9, pp.221-226 (2003)

  2. Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara & Kanjana Adulyanukosol, " Acoustical analyses on the calls of dugong," pp.72-76 (2003)

  3. 市川光太郎,伊藤万祐子,三谷曜子,Kanjana Adulyanukosol,原 武史,細谷誠一,新家富雄,荒井修亮,赤松友成,"鳴いたジュゴンの方位を知る 〜新しい野外行動 観察手法〜," 日本動物行動学会第22回大会, p74( 2003).

  4. 新家富雄, 市川光太郎,伊藤万祐子,荒井修亮,赤松友成,細谷誠一,原武史,Kanjana Adulyanukosol "ジュゴンの位置を声で確認する ? 水中音響工学の可能性 -,"水圏生物バイオテレメトリーの最前線 ? 見えないものを見る ? シンポジュウム, 海洋理工学会秋季大会講演論文集, pp.9-18 (2003)

  5. 新家富雄, "居ながらにして太平洋の水温分布を計測できる海洋音響トモグラフィ - 海洋音響トモグラフィの現状と将来 -,"日本音響学会秋季講演論文集, pp.1113-1116 (2003)

  6. 新家富雄, "海洋音響学会30周年記念シンポジュウム - 海洋の未来にわれわれは何ができるだろうか -, " 海洋音響学会誌, pp.927-928 (2003).


2002年

  1. 川崎良道, 鴨志田隆, 新家富雄, 吉川泰司, 中埜岩男, "黒潮続流域音響トモグラフィ観測の第一推定結果," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 13-16 (2002).

  2. Tomio SHINKE, Yasushi YOSHIKAWA, Takashi KAMOSHIDA and Iwao NAKANO, "Estimate method for frontal position of Kuroshio extension using ocean acoustic tomography data," Acoustical Science and Technology, 23, 90-96 (2002).


2001年

  1. 川崎良道, 新家富雄, 滝沢隆俊, "北極圏氷海域における音響トモグラフィーデータの解析手法," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 91-92 (2001).

  2. 新家富雄, 鴨志田隆, 吉川泰司, 石田明生, "海洋音響トモグラフィデータを用いた黒潮フロントの位置の推定法(II)海洋数値モデルを用いた検証,"_海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 93-94 (2001).

  3. 新家富雄, 鴨志田隆, 吉川泰司, 三寺史夫, "海洋音響トモグラフィーデータの同化について," 月刊海洋, 33, 2, 93-97, 海洋出版 (2001).

  4. Tomio SHINKE, Yasushi YOSHIKAWA, Takashi KAMOSHIDA and Humio MITUDERA, "Analysis method for ocean acoustic tomography data using Kalman filter, Evaluation by identical twin experiment," Japanese Journal of Applied Physics Part 1, 40, 5B, 3835-3841 (2001).


2000年

  1. 新家富雄, "北極圏氷海域における音響トモグラフィ-," 北極圏氷海域に関する観測シンポジウム, 海洋理工学会春季大会講演論文集, 9-18 (2000).

  2. 新家富雄, 吉川泰司, 三寺史夫, "力学的フィルターを用いた海洋音響トモグラフィデータの解析手法," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 103-104 (2000).

  3. 吉川泰司, 新家富雄, "海洋音響トモグラフィデータを用いた黒潮フロントの位置の推定法," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 105-106 (2000).

  4. 新家富雄, "海洋音響トモグラフィデータの解析手法, 音を使った海洋現象の可視化," 平成海洋理工学会論文賞記念講演, 海洋理工学会秋季大会講演要旨集, 1-9 (2000).

  5. 三寺史夫, 吉川泰司, 新家富雄, "カルマンフィルターを用いた海洋音響トモグラフィデータの解析手法の研究(I)準地衡流発展方程式と音響トモグラフィにより観測される物理量に関するノート," 海洋科学技術センター試験研究報告, 40, 161-167 (2000).

  6. 新家富雄, 吉川泰司, 三寺史夫, "カルマンフィルターを用いた海洋音響トモグラフィーデータの解析手法の研究(II)カップリングスキーム," 海洋科学技術センター試験研究報告, 40, 169-177 (2000).

  7. 鴨志田隆, 藤森英俊, 吉川泰司, 中埜岩男, 新家富雄, "中部熱帯太平洋トモグラフィー観測実験2, 伝搬時間バイアスの補正法について," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 91-92 (2000).

  8. 鴨志田隆, 藤森英俊, 吉川泰司, 新家富雄, 中埜岩男, "海洋音響トモグラフィーによる赤道上の水温変動観測, 伝搬時間バイアスの補正法を適用して," 海洋科学技術センター試験研究報告, 41, 81-88 (2000).

  9. Tomio SHINKE, Ryodo KAWASAKI, Akio KAYA and Takatoshi TAKIZAWA, "Feasibility study on analysis method for the Arctic acoustic tomography," WESTPRAC VII Proceedings, 1177-1180 (2000).

  10. Tomio SHINKE, Yasushi YOSHIKAWA and Humio MITUDERA, "Research on analysis method for ocean acoustic tomography data using data assimilation technique," WESTPRAC VII Proceedings, 1231-1234 (2000)

  11. Jun SUWA Tomio SHINKE and Yasuhiro SUGIMORI, "Estimation of subsurface density profile from surface dynamic height in the Kuroshio region," Journal of Advanced Marine Science and Technology Society, 6, 1&2, 1-18 (2000).


1999年

  1. 新家富雄, 吉川泰司, 三寺史夫, "データ同化手法を用いた音響トモグラフィデータの解析手法の研究(II)," 海洋理工学会春季大会講演要旨集, 43-46 (1999).

  2. 新家富雄, 吉川泰司, 三寺史夫, "海洋力学を適用した海洋音響トモグラフィデータの解析手法," 電子情報通信学会技報, US99-34 (1999).


1998年

  1. 新家富雄, 吉川泰司, 三寺史夫, "データ同化手法を用いた音響トモグラフィデータの解析手法の研究(I)," 海洋理工学会春季大会講演要旨集, 19-20 (1998).


1997年

  1. 新家富雄, 海法宇治, 藤田登志夫, 吉川泰司, 三寺史夫, "統合型海洋観測システム," 沖電気研究開発, 64, 4, 13-16 (1997).

  2. 新家富雄, 鴨志田隆, 伊藤隆夫, 賀谷彰夫, "海洋音響トモグラフィーにおける各種の水平方向展開関数の比較," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 43-46 (1997).

  3. Tomio SHINKE, Takao ITHO, Takashi KAMOSHIDA, Akio KAYA and Masaru MATSUSHITA, "Horizontal expansion function in OAT," IEEE Oceans '97 Proceedings, 441-446 (1997).


1996年

  1. 新家富雄, 伊藤隆夫, 鴨志田隆, 木全直弘, 賀谷彰夫, "海洋音響トモグラフィーにおける二次元解析と三次元解析の比較," 海洋音響学会研究発表会講演要旨集, 81-84 (1996).

  2. 鴨志田隆, 伊藤隆夫, 新家富雄, 賀谷彰夫, "海洋音響トモグラフィーにおける用いるモデルの評価," 電子情報通信学会技報, US96-33 (1996).

  3. 新家富雄, 鴨志田隆, 伊藤隆夫, "海洋音響トモグラフィーにおける次元性の比較と実海洋要素を取り込んだ3次元シミュレーション," 海洋理工学会誌, 3, 1, 11-22(1996)


1995年

  1. Takao ITHO, Takashi KAMOSHIDA, Tomio SHINKE, Naohiro KIMATA, Akio KAYA, Hidetoshi FUJIMORI, Toshiaki NAKAMURA and Iwao NAKANO, "1000km range 2 dimensional ocean acousitic tomography near Japan," IEEE Oceans '95 Proceedings, 1459-1468 (1995).


1994年

  1. 新家富雄, 中村敏明, 中埜岩男, "海洋音響トモグラフィー係留系の落下における挙動解析," 海洋調査技術, 6, 2, 1-11(1994).


1993年

  1. 新家富雄, 土屋利雄, 網谷泰孝, 中埜岩男, 中西俊之, 吉川隆, 鎌田弘志, "200Hz低周波音源の開発," 海洋科学技術センター試験研究報告, 29, 53-61 (1993).

  2. 新家富雄, 中村敏明, 中埜岩男, "係留系の落下時の挙動計測," 海洋調査技術学会研究成果発表会講演要旨集, 14-15(1993).


バナースペース

問い合わせ先

〒606-8501
京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院情報学研究科
社会情報学専攻 生物圏情報学講座内

株式会社アクアサウンド
京都研究センター

TEL 075-744-1260
FAX 075-744-1261