本文へスキップ

水中音響技術で世界をリードする研究開発型集団です

トップ > 製品一覧 > [AQA-004] AquafeelerIV

Aquafeeler IV [AQA-004]水中音ステレオモニター装置

水中の音を聞いてみませんか?

ヘッドホンを接続するだけで臨場感あふれる水中音を
ステレオで簡単にモニターできます


AquafeelerIV (前面)

水中音スレテオモニター装置"アクアフィーラー" は、2本のハイドロホン(水中マイク)と信号調節を行う「モニター装置」で構成されています。

ハイドロホンは別売のハイドロホンハンドルに装着すると、より効果的にステレオ感がえられます。また、ハイドロホンは、標準品AQH-020型(周波数範囲20Hz〜20kHz)のほかに、2種類のハイドロホンをオプションとして用意しました。これで、200kHzまでの周波数範囲をカバーできるようになりました。

アクアフィーラーはホエールウォッチングや水生動物の生態観察、水族館の展示効果を上げるツールとして、また本体は汎用計測アンプとして単独でもお使いいただけます。

   
 ハイドロホンハンドル   ハイドロホンハンドル使用例
   
 AquafeelerIV (前面) AquafeelerIV (背面)  

             

性能および機能

入出力チャンネル
2チャンネル
使用周波数範囲
20Hz〜200kHz
周波数帯域はフィルタで切換
ゲイン調整範囲
20,30,40,50,60,70dB (偏差±0.3dB)
入力インピーダンス
1MΩ
低域遮断周波数(HPF)
20Hz,200Hz,1kHz,4kHz(-3dB)
高域遮断周波数(LPF)
20kHz,50kHz,100kHz,200kHz(-3dB) 
最大出力レベル
0dBV以上 5.0Vp-p(+4.9dB)
レベルオーバー表示
-3dBV(±0.3dB)でOL LED(赤) 点灯
基準発振器周波数
1kHz
基準発振器出力レベル
0dBV±0.3dB
入力端子
[背面] BNCレセプタクル×2(ハイドロホン)
出力端子
[背面] BNCレセプタクル×2
[前面] Φ3.5ステレオミニジャック (ヘッドホン出力(32Ω 85mW))
[背面] Φ3.5ステレオミニジャック (LINEOUTPUT)
電源
単3アルカリ乾電池×3(連続40時間以上作動)、 
外部DC電源
寸法
125mm×155mm×55mm(突起部含まず)
重量
530g以下 (電池含)

基本構成

Aquafeeler本体
1個
AQH-020型 ハイドロホン
2本

オプション

AQH-100型
中周波帯域用ハイドロホン
AQH-200型
高周波帯域用ハイドロホン
AQH-100TP
水槽用 中周波帯域ハイドロホン

各構成品は単体販売もいたします。


Hydrophone ハイドロホン

浅海用

 
 型番  AQH-020  AQH-100  AQH-200
 寸法
 使用周波数範囲  20Hz〜 20kHz 20Hz〜 100kHz 20Hz〜 200kHz
 受波感度  -193dB re 1V/μPa以上  -210dB re 1V/μPa以上  -220dB re 1V/μPa以上
 最大使用水深 50mまで
 静電容量
(ケーブル長10mのとき)
 10000pF  9000pF  4500pF
 ケーブル
(標準長)
  φ5mm × 10m
ウレタン被膜同軸ケーブル

水槽用

 
 型番  AQH-020D
 寸法  
 使用周波数範囲  20Hz〜 100kHz
 受波感度  -205dB re 1V/μPa以上
 静電容量
(ケーブル長10mのとき)
 4400pF
 ケーブル長
(標準長)
φ2mm×10m
ウレタン被膜同軸ケーブル 


深海用

 
 型番  AQH-020D  AQH-100D  AQH-200D
 使用周波数範囲  20Hz〜 20kHz 20Hz〜 100kHz 20Hz〜 200kHz
 受波感度  -195dB re 1V/μPa以上  -212dB re 1V/μPa以上  -222dB re 1V/μPa以上
 最大使用水深 2000mまで
 静電容量  10000pF  9000pF  4500pF
 寸法 φ30×60mm φ16mm×42mm φ10×43mm

  

カタログ

    AquafeelerIV・Hydrophoneカタログ (約4.4MB) [2017/2/6]

参考

種々の水棲生物の鳴音と、AQHシリーズ・ハイドロホンの周波数帯域の関係を以下の図に示します。
ターゲットに最適なハイドロホンを選択する際の参考にしてください。

バナースペース

問い合わせ先

〒606-8501
京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院情報学研究科
社会情報学専攻 生物圏情報学講座内

株式会社アクアサウンド
京都研究センター

TEL 075-744-1260
FAX 075-744-1261