本文へスキップ

水中音響技術で世界をリードする研究開発型集団です

トップ > 製品一覧 > [AQTH-100] Towed Aquafeeler

Towed Aquafeeler [AQTH-100]曳航式 水中音ステレオモニター装置

船で曳航しながら水中のクジラ、イルカなどの海生動物の
鳴音をステレオで聴くことができる画期的な商品です

 曳航式水中音スレテオモニター装置"Towed Aquafeeler(トードアクアフィラー)" は、従来のように録音のために船を停めてハイドロホンを吊り下げることなく、連続した観察が可能になりました。
 Aquafeelerで聴音あるいは外部機器に接続して録音することができます。

商品構成 (イメージ図)



仕様

使用周波数範囲
100Hz〜100kHz
受波感度
-193dB re 1V/μPa以上
ハイドロホン
2チャンネル(2.0m間隔に配列)
曳航速度
6ノット以下を推奨、ただし聴音不要時は10ノット まで曳航可能
(曳航張力は10ノットで約12kgf)
曳航ケーブル
中性浮力ケーブル、標準長さ約60m、長さ変更可能
空中重量
約11kgf (ケーブル60m)
電源
Aquafeelerから供給

参考



構成

Aquafeeler
 
ハイドロホン
長さ4mのホース内にハイドロホンを2素子配列 
曳航ケーブル
ハイドロホン本体の前方に60m 
吹流しロープ
ハイドロホン本体の後方に接続

カタログ

    TowedAquafeeler カタログ (約6.9MB) [2017/2/6]








バナースペース

問い合わせ先

〒606-8501
京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院情報学研究科
社会情報学専攻 生物圏情報学講座内

株式会社アクアサウンド
京都研究センター

TEL 075-744-1260
FAX 075-744-1261