本文へスキップ

水中音響技術で世界をリードする研究開発型集団です

トップ > 製品一覧 >AUSOMS Series (自動水中録音システム)

AUSOMS Series自動水中録音システム

Automatic underwater sound monitoring system

目視調査が難しい海洋哺乳類の存在や位置を鳴音から求める受動的音響観測法に必要な自動水中音録音システムとしてAUSOMSシリーズを開発いたしました。本装置は、単独で水中雑 音測定や海生生物の発する鳴音などの録音にも使える、長時間にわたって水中音を録音するための装置です。

大型の海洋動物への装着や魚介類の巣穴などへの設置が可能で、より深い海に潜る海生生物への装着や深海域での騒音調査用に、カーボンファイバー製やステンレス製の耐圧容器(AUSOMS-V5.0)も取りそろえております。

特徴 超小型 深度100mまで 深度1000mまで ステレオ録音
名称
型番 AQM-005 AQM-002 AQM-001 AQM-003
サイズ



測定周波数範囲 100Hz 〜 20kHz  100Hz 〜 23kHz
録音形式  リニアPCM  リニアPCM ・ MP3 ・ WMA
記録媒体 microSD
(16GBまで)
 内臓メモリ 4GB
microSD (32GBまで)
連続録音時間 24時間以上  9日間 29日間
予約録音機能 開始時間予約 1日3会までの録音予約 
間欠録音機能   ○
連続録音機能   ○
電源 リチウム乾電池(CR-2)
1個
単3アルカリ乾電池
4個
単1アルカリ乾電池
2個
 防水筐体 ポリアセタール樹脂 カーボンファイバー ポリアセタール樹脂
重量
(空中/水中)
約44g / 約14g 約450g / 約85g 約525g / 約73g 約1330g / 約230g
 耐圧水深 300m 100m 1000m 100m

カタログ

    AUSOMS Seriesカタログ (約4.4MB) [2017/2/6]


バナースペース

問い合わせ先

〒606-8501
京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院情報学研究科
社会情報学専攻 生物圏情報学講座内

株式会社アクアサウンド
京都研究センター

TEL 075-744-1260
FAX 075-744-1261